読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ simple balance +

物とか服とか思ったこと等メモ、雑記

捨ててしまったかもしれないけど、別にそれはそれでどうにでもなる現実

f:id:turntable:20170311212452j:plain

先日、髪を切ってきました。

行きたい日の当日に電話してもだいたい予約が取れるのでわりと気に入っていて、よく使わせていただいています。

 

そこのお店はカードがあるのですが、失くしてしまったので予め電話をしたときにその旨伝えてみたところ、「ではお作りしましょうか」と言われ新たに作りました。

(たぶん今後も使うから)

 

おそらく掃除のときとかに捨ててしまったんだろうなとは思うのですが、まったく心当たりがなくて、それがなかったら無理とか言われたらどうしようかなとも思っていましたが、電話口で思い切って聞いてみて良かったです。お店で無駄なやり取りをすることもなく、さらっと切りに行ってさらっと帰って来れましたので。

 

 

接客業サービスは、こういう感じがちょうどいいなと思います。

何度もお店に来るような仕掛けを作るのもいいですけどね、そういうのは重いです。

思い立った時に行けて、それなりのサービスが受けられれば、それが一番ではないでしょうか。