読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ simple balance +

シンプルなこと、雑記、etc

人のブログを読みながら考えるのはわりと面白い

思考

断捨離、ミニマムライフ、シンプリスト・・・

いろいろなブログを読んでいると、それぞれの個性によってとらえ方が違うのだなと改めて感じる。

 

一応タイトルにsimpleとは入れていたりブログ村に登録はしているが、私はミニマリストやシンプリストを宣言する気はあんまりない。近いかな?とは思うけれど、さほど真剣に考えたりはしない。そういうのは正直メンドクサイ。自分の主義思想なんていえるものも特にないので、好き放題にブログを書くだけである。

元々女性雑誌にあるようなファッションとかメイクとかに興味がなかったし(今はそこそこ)、捨てるという行為にもそれほど執着はない。不要なものは捨てるけれど、そこに「勿体ない」という感情とか「罪悪感」みたいなものはない。意識的に生活をシンプルにしているとしたら、それは自分のストレスと上手く付き合うための手段みたいな感じで実践している。(と思う)

 

他のブログを読んでいてふと疑問が生じる。

・なぜ「捨てる」ということにフォーカスをした記事を書くのだろう

・ものを「捨てられない」ことが悪という判断は何を根拠に言うのだろう

 

物を大事にするというのは、「長くずっと使い続ける」ということなのでしょうか。そうかもしれませんし、そうじゃないかもしれない。

穴の開いた靴下をずっと取っておくとか、古い人形を手放さず置いておくとか。自分にとっての大切な意味あるものであれば、「捨てない」という選択肢で幸せになったりもするものですね。

 

ミニマリストとかシンプリストというのは単なる主義思想だと思う。良いとか悪いとかではなくて、それはその人自身の生き方というかこだわりみたいなものであって、誰かを説得したり言い負かしたり闘うこととは違う。それぞれの正義があって、だから批判も肯定もあって当たり前なわけで。別にそこに反論しても、それはその人のやり方だからそれはそれで良いとは思いますが。

 

無駄なものを捨てることで、気持ちがすっきりして前向きになれて結果的に自分にとっての幸せにつながるというのは、まぁ当たり前かなという気がする。

今は幸せを求めて断捨離をする人もいるみたいだ。

でも、「何が自分にとっての幸せなのか」ということを把握していないと、物を捨てたところで本当に幸せがやってくるとも限らない気がする。やみくもに捨てていって、自分が本当に求めているものが分かったらそれはそれで幸せなことかもしれないですね。

 

まとまらないけれど、こうやってあれこれ思うのは楽しい。

人のブログを読むのも面白いものです。