読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ simple balance +

物とか服とか思ったこと等メモ、雑記

1万円あったら何に使うだろうか

f:id:turntable:20160621221227j:plain

 

「ボーナス何に使います?」

 

去年の12月ボーナス支給の日、目の前に座っている方から訊かれた。

咄嗟に出てきた答えは、大学の奨学金返済・姪甥へのお年玉・残りは貯金というものだった。

 

我ながら面白くない答えかなと思ったけれど、咄嗟の答えはそんなものだ。

 

お金の使い方は、自分の考え方以上にそのときの状況に依るところが大きい。

年末年始はここ数年旅行に行っていたので、本当は今年もボーナスで旅行へ行きたいと思っていた。けれど、現在の様々な状況等を踏まえた結果、行かないことにしたのです。

 

お金を稼ぐ立場になると、制約のある中でもある程度は自分で使い道が決められる。

私は実家住まいなので食費やガス・水道代などの細かい事項については予め引くお金を考えることはないが、一人暮らししたときのシミュレーションをすることがたまにある。これはなかなか面白い。食費を浮かす方法を考えてみたりとか、朝食や昼食のパターンを考えてみたりしていると、果たして自分の感覚でやっていけるのかどうかを試してみたいと思ったりする。休日はなるべくスーパーへ買い物へ行って最低限の食費分くらいは自分で出せるよう調整したりもする。

 

閑話休題

ボーナスの話と同じだが、では1万円あったらどうするだろうかとふと思う。

 

例えば学生時分であったなら、「CDと本買うよ」と即答するだろう。

(それ以外のことに興味がなかったから)

では今はどうか?

その十何倍のお金を1か月で稼いでいる身にとってそれは、どう答えればいいのか窮する質問だなと思う。これが10万円とかだったら「旅行行ってくる」って言えるのに。

1万円で2泊3日の旅行は出来ない。かといって、近場でショッピングしてくるとか、近場の観光名所へ行ってくるという発想も悪くはないけれど気が乗らない。

学生の時のように「CDや本を買う」のも悪くはないけれど、そのカテゴリーで欲しい物があるかどうかわからない。

貯金するのも何だかなという気がする。貯金は良いことかもしれないが、目的もなくただ老後のためだとか漠然とした将来を支える手立てとするのは何とも虚しい気がする。だって、将来のためって言ったって、これからどうなるかなんて全く分からないのだもの。

もしかしたら近い未来に玉の輿に乗っちゃって、今までの貯金なんてすべて使ってしまえばよかったのにと思うかもしれないし。(楽観的すぎるイメージだが)

もしかしたら明日から、「今日から物資売買は禁止です。欲しい物があるときは、物々交換制に致します。これまで使っていた紙幣及び硬貨のお金は価値がなくなりました」と国から発表されるかもしれない。(まぁまずあり得ないイメージだが)

そう思うと、1万円を貯金するのにも慎重になる気がする。(考えすぎるとなります)

 

ここのところ思っていたのだが、私はもっと自分の持っているお金やこれから稼ぐであろうお金を、今まで育ててくれた人や環境に還元しながら、お金自体がもっと大きなつながりの中で循環していく仕組みを作りたい。素人がそんなの作れるのかどうかは分かりませんが。

だから、1万円をどう使うかという質問に対して、「社会へ参加している者」としての答え方をこれから考えてみたいなと思っているのである。少なくともある程度の経済の勉強をしておきたいものです。