読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+ simple balance +

シンプルなこと、雑記、etc

20代前半の頃と変わったところ、変わらないところ

思考

f:id:turntable:20160625093900j:plain

最近とみに思うのですが、20代のころよりも30歳の今の方が、子どもっぽい感性に近くなった気がしています。「子どもっぽい」というか、今まで足枷に感じていた複雑なものが削ぎ落されて随分と楽になったな、という感じです。

千と千尋の神隠し」にカオナシというキャラクターが出てきます。カオナシはそこらへんの人物を食べて肥大化しますが、最終的には食べたものを吐き出して元のカオナシに戻ります。あの、元に戻ったカオナシみたいな状態です。

 

 

CDや本の所有に拘っていた20代前半

 

20代前半まではとにかくCDを買い込んでいました。ブックオフなどの200~300円コーナーとかよく使用していましたね。現在CD自体は所持していません。ただし、PC内のitunesに入っています。外で聞くときはipodを使っていますが、現在は音楽を長時間聞くこともあまりなくなりました。

本に関しては減らしたりもしてはいますが、まだまだ手放せないものもあります。もう読まないと判断したものは人に譲るか、あるいは寄付をして手放すことに決めています。この間職場で本の寄付イベントがあったので少し持って行きました。通勤電車内で重い物を持つのは辛いのであまり持ってはいけませんでしたが。

 

ネットで検索してみても、本の寄付をできるところは多々ありますね。

・チャリボン:NPONGOの活動を支援

・BOOKS FOR JAPAN:買取るものと被災地に届けるもので仕分けし、買取金額は復興支援のための寄付となる

・ブックフォースマイル:児童養護施設の子供たちを支援

 

 

人間嫌いだと思っていた20代前半

 

まわりの人がなかなか期待通りに動いてくれない、という気持ちが強かった気がします。友達に対して腹が立つことや苛立つことがあっても、そういった本心は明かせずにいました。友達でいたかったからというよりも、利用できる人がいなくなるという保身が働いていたような気がします。そしてある程度経ったときに距離を置くことを決め、自身のアドレス変更して知らせないままフェードアウト。

 

まわりが良いように動いてくれない、悪いのはまわりだから、と思っていたんですね。それで「人間なんか信用できない」と考えていた。人間嫌いなんだ、と。今思うと、自分が身勝手だったのだなと冷静に思えます。そもそも本当に人間嫌いだったら、相手にどうしてほしいとか願ったりはしないだろうに。

 

現在は、こうしてほしいと願うことよりも、どうしたらお願いを聞いてもらえるだろうかと考えるようになりました。答えは単純なことで、自分から動けばいいのです。笑ってほしかったら、自分から笑いかける。挨拶をしてほしかったら、自分から挨拶をする。自分の話を聞いてほしかったら、相手の話を聞く。これは仕事にも応用できます。たとえば、連絡してほしいことがあったら自分からそのことについて予め伝えておく。求めるよりも自分が動くことを考えた方が楽だし、相手から動いてくれたときはとてもお得だし感謝の気持ちも強くなります。良いこと尽くめ。

 

 

お酒の飲み方がどうしようもなかった20歳頃

 

現在は周囲の人に引かれるのが怖くて語れない過去ですが、大学生の頃は焼酎ロックで一気飲みをするということをしていました。数杯続けてですね。一番最初のサークルの飲み会では、ワインやらウィスキーやらカクテルやらをちゃんぽんで飲み続け翌日は1限目の講義に出られなかったということも。当然二日酔いでです。

一言でいえば、若気の至りというものですが、今はあんな飲み方考えられません。色々とやらかしたこともあるけれど、今となってはまぁ大体いい思い出です。様々な経験を経て、自分なりの飲み方に辿り着きました。

 

最近職場の方と話していて思ったのは、まったく「酔わない」と言う意思も案外邪魔になるかなということです。宴の席で、同程度に「酔える」人となら最高に美味しいお酒が飲める気がしました。正論を振りかざす人や、真面目すぎる人は楽しい場を白けさせてしまうこともあると思うのです。要は、飲める飲めないとか酒量とか度数とか気にせずに、とにかくその場を楽しむっていう気持ちがあれば何でもいいんじゃないかということですね。

次の日に遅刻や欠席をしてしまっても、それは本人の問題や責任であって周りがどうこう言うことではない、と私自身は考えています。

 

 

頑固で拘りが強くてプライドが高かった10代後半~20代(特に前半)ですが、社会に出て考えることもあり、自分なりにやってきたなかで、どうでもいい拘りを削ぎ落せるようになってきたのかなという印象です。(たぶんまだ拘ってる部分もあるとは思うが)正義の形は人それぞれと思うようにもなりました。腹が立つ相手がいても、ある程度は仕方ないと思いますね。かっとなることはほぼありません。

今でも変わっていないのは、好きなことややりたいことがはっきりしているという点です。

 

 

冬のアウター(コート)は今のところ1着で過ごしている&マフラーは2枚

小物

f:id:turntable:20170102170214j:plain

 

キャメル色ダッフルコート earth music&ecology

ピンク×グレーのマフラー groove

グレーチェックのマフラー UNIQLO

 

インする服がモノトーンばかりなので、コートやマフラーは逆に色味のあるものを使っています。一部グレーもありますが。

通勤にもプライベートでも区別なく使っています。

職場だったらグレーとかブラックとかの方がいいのかなとも思いますが、特に服装の規定は厳しくないのでこれで通しています。

 

マフラー2枚ですが、ピンクの方はわりと大判です。ひざ掛けにもちょうどいいですし、肩掛けにもぴったりなので寒いときは重宝しています。グレーの方は、軽くて薄め。比較的暖かい日や昼間に出かけるとき、他の荷物が重くて身動きしやすいようにしたいときに使っています。

 

 

ボトムスを1着買いました@UNIQLO

f:id:turntable:20170102170149j:plain

 

スマートスタイルアンクルパンツ(チェック)ネイビー UNIQLO

 

色味とか模様が理想に近かったので買いました。

ベルト通しがあれば完璧なのですが。

 

これでパンツは2着になりました。

 

allright.hatenadiary.jp

 

 

あまり使いませんが、スカートは2着持っています。

 

f:id:turntable:20170102170156j:plain

 

カーキスカート techichi Lugnoncure

グレースカート ROPE' PICNIC

 

春秋冬使えます。

スカート履くときは、黒タイツとオックスフォードシューズを合わせることにしています。

 

f:id:turntable:20160802210029j:plain

 

オックスフォードシューズ 黒

 

パンツとも合わせられるものですが、私はパンツのときはフラットシューズのことが多いです。

 

 

ポイントカードとクレジットカードは私にとっては価値がないという話

思考

f:id:turntable:20161230153724j:plain

 

ポイントカードを持っていません

 

以前はTポイントカードを持っていたのですが、ここ数か月前に利用停止の手続きをした上で捨てました。必要ないと思ったからです。

数年前、TSUTAYAで借りたいDVDがあり作ったことが始まりでした。コンビニ等でも会計時に出すとポイントが付くということで財布に入れていました。

 

しかし今は、DVDを見たいと思うことがなくなりました。借りに行くよりも、本を読んだりしている方が良いと感じるからです。今の私にとっては、ですけれど。

そもそも借りると返しに行かなくてはなりません。1週間とかの期間中に返しにいかなくてはならないのです。その間に、2、3本の映画を「見終わらなくてはならない」という感覚にさせられることに納得がいかないのです。

自分の意思で「見たい」と思ったものが、「あと数日で返しにいかなくてはならないから、見なくちゃ」になるのは、矛盾しているとも思います。本当に見たいのかもわからなくなってきます。

そして、このカードには更新期間があり、それを過ぎてしまうとレンタル用としては使えなくなるのです。(使えないことはないけれど期限を過ぎてからの更新は料金を払う必要がある)その期限が過ぎてしまったことが処分に至った一番の理由です。更新料金を払ってまで見たい映画は今の私にはありません。

 

おまけに、コンビニでも使えるというのもネックに感じていました。

たった数百円のものを買って、カードを提示する。それはそれでいいのですが、いちいちカードを出さなくてはならないということと、ポイントがたまったからといってそれをいつでも永久的に使えるという訳でもないという点は面倒です。

(※Tポイントカードのポイントは有効期限があり、最終利用日から1年間となっている)

 

私にとっては面倒に感じる点が多いので、更新せずに放置をした挙句に利用停止、そして処分になりました。今後必要性を感じれば、また手続きをして使うのでしょうが、当分は必要なさそうです。

 

 

クレジットカードは持ってはいるが使ったことはない

 

クレジットカードは、一応持っています。但しこれは、以前預金通帳を作ったときにオプションでついてきたものです。使いこなす自信がないので、このまま放置です。

特典とかポイントとかメリットはあるのでしょうが、正直いうと、買い物でそういうものは求めていないのです。買いたいものだけ買えればそれで満足。使わない特典とかポイントをためる必要性を感じていません。

 

今の自分にとっては、ポイントカードやクレジットカードは無用の長物です。今後使うこともあるのかもしれませんが、やはり当分は必要性を感じませんね。

 

装身具3点:ネックレス ピンキーリング 時計

小物

f:id:turntable:20160802210039j:plain

 

アクセサリーは、3点所持。

 

ネックレス(シルバー) (※処分済2017.3

ピンキーリング(シルバー) (※処分済2017.3

■時計(シルバー)

 

シンプルですが、そこがかえって気に入っています。

 

線路はどこまでも続かないけれど、心を刺激する何かがある気がする

思考

f:id:turntable:20160729204815j:plain

 

電車通勤をしています。

職場まではドアトゥドアで1時間弱。

 

通勤時間を費やすほど馬鹿馬鹿しいことはないなと思いつつも、電車での時間を楽しく過ごす術を考えていたのですが、案外面白い(というよりも興味深く)と思うことがありました。

 

それは・・・線路です。

 

続きを読む

カバンの中身

小物

f:id:turntable:20161225191012j:plain

 

■ポーチ

 

allright.hatenadiary.jp

 

■財布

 

allright.hatenadiary.jp

 

■文庫本

(ブックカバー付)

 

allright.hatenadiary.jp

 

写真にないですが以下の物も。

■お弁当(ほぼ毎日、たまに買うときはなし)

スマホ

■鍵

■(ごくたまに)アイポッド

 

アイポッドを服のポケットに忍ばせていることがあります。

f:id:turntable:20160717220254j:plain

 

外ではミニスピーカーではなく、イヤフォンで聞きますが。

 

続きを読む